ノブアツ杯 秋の耐久4時間! 【汐留 Bar Olivieloオーナー便り】

今年も来ました! 耐久! ブログも耐久ばりに長いです

IMGP4240

 

昨年までは8月の開催だったのですが、さすがに暑すぎるということで9月になりました

(良かった良かった)

IMGP4241

 

ノブアツさんは黄色でした

IMGP4250

スプリントはDG HARUNA SPとDUKE125の2台体制ですが 今回はDUKEのみ さすがに耐久を2チームも監督出来ないので

IMGP4236

 

と、思ってたら DG HARUNA SPはDGカンパニーと愉快な仲間達で参戦

ピットを取ってあったので隣同士でね

IMGP4234

 

今回のライダーは エース スミチェンコ(左)、よっちゃんレーシングからナイス葭田(右)、ジェシー(真ん中)の3人

スミチェンコは昨年一緒に走って、ナイス葭田も違うチームで参戦してたので、2人は2回目。ジェシーは普段は走行会で走る程度でレースは初めてと言う事で、彼のペースに合わせてやりましょうと

IMGP4244

当日は見事に雨 写真は1コーナーの水たまりです これ以外にもいろんな所に水たまり コンディションはかなり不安定

監督としては面白いレースになるなと楽しみ ライダーにとってはいやな状態です

IMGP4298まずは朝の練習走行 様子見の走りでタイムを取ります

IMGP4300スミチェンコは危なげない走りで1分10秒から2秒までタイムを上げて早めに終了

 

2人目にジェシー ジェシーも10秒台を出して来たので いい感じ

IMGP4313

3人目ナイス葭田の時にはコースも水がはけて来て タイムも1分フラットと上げて来てる

3人とも1分10秒ぐらいスタートで慣れた2人はタイムをつめて来て、ジェシーはコースに慣れては来たようなので 十分な感触

ここからレースまでは2時間近くあるので みんなでテントでダラダラとおしゃべりしたり、、

雨も止んで来て、コースも俄にドライ

と、思ってたけど、榛名のレストランでランチを食べて外に出たら

IMGP4355

 

また水たまりー! しかもまんべんなくコース幅いっぱいに

これは荒れるレースになりそうです

 

我がTeam Bar Oliviero w/ Panolinのいいところはライダーのタイムがバランス良く、かつコンスタントにタイムを出せる事

作戦は、スタートから暫くスミチェンコがレースのペースをつかむ

特にルマン式スタートからの水たまりの1コーナーに20台が突っ込んでのオープニングラップは、経験とテクニックが必要

エース スミチェンコに託す事に

IMGP4309

余裕のスミチェンコ スタート前

そして、2番目にナイス葭田 以外にも予選でチーム最速タイムを出したナイス葭田

去年よりも大いにテクニックを上げてきました

フォームも安定して、タイムも少しずつ刻んでくるのでこの2人で引っ張ってから

3番目はジェシーとして、タイムが落ちてもいいからレースに慣れてもらう事

3人とも雨を嫌がっていましたが レース直前になると顔つきも真剣

サインボードなんて用意出来てないので、ピットイン(ピット側、ライダー側)サインだけ決めておいて

いよいよスタートです

 

IMGP4359

 

スタートからオープニングラップは動画でどうぞ

(フォーカスがいじれないカメラなのでピンぼけしまくりですが、雰囲気はつかめます)

おかしいでしょあの1コーナー

みんな外に開いて避けると思いきや イン側の深い水たまりに思いっきしまっすぐ突っ込んでます

(後でスミチェンコに聞いたら、水しぶきすごかったって、スミチェンコも予想してなかった漢走りな人達です)

しかし、ここはエース スミチェンコ スタートでしっかりと1台抜いて順位を上げます

因にレースはオープンA, Bと自分たちが出てるSS125の3クラス

雨はやや弱まったものの 水だらけのコース

転倒続出で、黄色旗が良く振られます

数周は違うクラスとの絡みもあり なかなか思うように走れませんが

スミチェンコ 1分5秒台まで戻して来たと思ったら、7週目で2秒台まで上げてきます

これはいいペースだけど、コンディション考えると押し過ぎ と ジェシーと相談して

急遽、紙にサインペンで 「Keep」(維持)と書いて 走り過ぎるスミチェンコに見せる

そのラップでもタイムを上げて1秒台 練習で2秒からの1秒ならいいのですが、路面は明らかに今の方が悪い

耐久で大切なので転ばない事 タイムをロスするのもありますが、レバー類を折ってしまえば大幅なタイムロス、もしくはリタイヤとなってしまいます

(と、この時点で、自分がなにもスペアを持って来てない事に気づく)

スミチェンコに伝わったのか、ペースは2秒〜3秒で落ち着き いい感じで20分経過

突貫サインボードで「Relax」(落ち着いてー)と出す

が、やはり突貫だし、雨、白い紙に黒のサインペンで書いても読みにくいようで

ストレートで首をこっちに大きく曲げて読んでます

作戦では40分で交代だったのですが、サインボードが読めなくて、スミチェンコからピットインのサイン

2番手  ナイス葭田にバトンタッチ

ナイス葭田が走る頃から雨が強くなってきました

IMGP4433

ナイス葭田もDUKE 200のオーナー 同じ車格なので慣れてます

そして、今年から本格的に参加しているWeb!ikeのスクールでの成果がメキメキと出てます

フォームもだし、ライン取り、目線などが明らかに良くなってます

ナイス葭田 インラップは10秒台

だけど5秒台、4秒台とじわじわとタイムを上げて、3秒台ペース

そこから更に1分フラットまで上げてきます

雨脚考えてもちょっと不安、でもペースが乱れずに、他クラスとの絡みもあるので、すべてのラップでプッシュしてるわけでなく

見ててとても安心の走り そのまま任せる事に

40分をそつなく終え帰って来たナイス葭田

IMGP4366

 

「雨やばいよー、滑るし、びちょびちょ〜」 って、余裕あるな まだ

って、でも実際に路面はこんな感じです↓

 

ジェシーに無事に交代して

ジェシータイム開始

雨は小雨で降り止む事はありません

ジェシーはインラップ11秒

そのまま10秒台をキープして走ります

初めての車両で初めてのサーキットで初めてのレース(しかも耐久)

ピット出る前にも「自分のペースで、遅く走って」と伝えてあります

ジェシーの危なげない走り

タイムも10周目ぐらいから8秒、6秒と速くなってきます

周りのタイムも1分ちょっとなので ジェシーが足かせになることなく 順位も3位のまま変わらず

ジェシーにも突貫サインボードで「keep」と「relax」を見せてペース管理をします

初めてのコースで耐久となると、色々とじっくり攻める、ラインを変えて走る事ができるので自然とタイムは上がります

でもやっぱり転倒はだめ! なので、早め早めにペースを維持、落とさせます

で、ジェシーも予定通りに40分を見事に消化

エース スミチェンコに代わり インラップ8秒台

じわじわと2秒、3秒台、 そしてたまに1秒台と安定した走り

他車との絡みもうまく 40分終了

ナイス葭田2回目

IMGP4449

ここでも安定した走りとラップタイムでチームを引っ張ります

タイムも1分フラットを連続で出してきます 安定した走り

早いぞナイス葭田! 去年とは桁違いなライダーに成長!

そこからも1分フラット台を連発で走る

これはとてもいいペースです

1番を行くチームはベストが57秒、2位が58秒なので大きな変化なく このペースでうちが転倒無く

あわよくば前のチームが転倒すれば2位も不可能じゃない!!!

IMGP4360

 

この時点で2位をいくゼッケン33番 ラップ差が4周 タイムで言えば4分弱 (実際に転倒したのですが、大きな痛手なく抜けなかった)

ナイス葭田のナイスな走りに妄想を膨らましていたらもうすぐ40分、でもとてもいいペースで走ってるので交代がしのびない

スミチェンコが第1スティンとで残した20分を振り分けるか、ジェシーの分から振り分けるか

でも2人とも同じだけ走りたい ジェシーとナイス葭田と話してスミチェンコにチェッカーを受けさせようともなってる

から、勝ちよりもみんなが楽しむが大事!

それでも1周だけ多めに走らせて(ぐらい、良い走りだった) ピットインサイン

のラップでナイス葭田59秒台!!! すげー!! うわー もっと〜

 

って、なったけど、実はこの交代が大正解だったんです!

ジェシーと交代のタイミングで

IMGP4369

60秒ルールの旗が出されたんです!(青に赤のバッテン)

実はこの耐久レースでは50秒ルールがあって、ある一定の時間内では50秒は切っちゃだめ! となっています

これは初めての人や、タイムがそこまで速くない人でも参加出来るようのルールなのですが

今日のコンディションで60秒に変わっていました

で、これは基本速いチームにしか関係ないから、俺らは関係なし、と忘れてたのですが

どうやらその領域に入っていて かつナイス葭田が1分フラットを連発したので、相当危なかったんです

しかも、ピットサインのラップで59秒出ていて、ちょうどその後にこの旗が出たので、ギリギリセーフ

しかも、周りもタイムを落とすしかないので、このタイミングでジェシーが走れば、差は開きません

って、ライダーチェンジした後にスミチェンコとガッツポーズ!

久々に神が舞い降りた、なんとなくすげーことしちゃった Team Bar Oliviero

この作戦が大いに効いてきます

IMGP4523

この頃にはジェシーもサーキットに慣れてきて 気持ちに余裕も出来て

タイムが上がります

1分5秒、3秒、2秒! おお! ジェシーも上げて来てます

さすがに1分切ることは無いと分かっているので、見ていて安心だし、周りが制限されてる中で、うちのライダーはギリギリのタイムを出してるので

気持ちがいいです

ここでジェシーがさっき出て来た2位のチーム ゼッケン33と絡みます

正しくは後ろから更に抜かれたのですが、ジェシーよりちょっと速いペースなので 引っ張って貰って

1分1秒台! ついにジェシーもここまできた! このペースなら60秒ルールのペナルティー(ピットスルー)も食らわないし

順位も守れる(この時点で4位との差は10周ある)

と、遅いペースの車両をやり過ごしている間にゼッケン33番とは離れます

まあ、しょうがない、ここでジェシーがムキになっても危ないので タイムを見ながら

「keep」「relax」を使ってペース管理

タイムは3秒台まで落ちて来てるので、このままいって問題なくエース スミチェンコでフィニッシュ

なーんて、余裕が見えてくる時ですよね 起きるのって

そろそろ交代なので、スミチェンコと最後の打ち合わせをしてるとき

何となく最終コーナーを見たら

 

「がしゃーん」

あ、ジェシー滑ってる

あ、ジェシーだ

あ、うちだ

でも、低速のスリップダウンだし、起き上がって走れば平気か

お、起きた 問題ない

股がった よしよし

あ、ステップ平気かな?

エンジンかけた よしよし

あ、シフトすかった

折れた?

折れた!

あああ! 終わった

スペアねー!

あと20分だよ!

終わり?

ジェシーが呆然としてる

ん? 終わるのか?

いや、とりあえずピットインだろ!

IMGP4524

立ち尽くすジェシー 本人は終わったと思って完全にパニック ピットに戻って来いって、マシン持ってこない

ナイス葭田がちょうど最終コーナーで写真を撮っていたので、ジェシーにマシンをピットに運べと指示

その間に自分はピットの中でステップに変わる物がないか物色

そこでスミチェンコが知り合いの乗ってるDukeからシフトレバーを外して来てゲット

すぐさま3人でレバー交換! 年式でネジの径が違うとかありながらも

シフトレバー直してスミチェンコ発進!

時間を見たら、12〜3分のロス

4位のチームとの差が10周だったので抜かれたか!?

と、さすがに落胆

ジェシーもパニック状態で、「ごめん、ごめん、本当にわからない間に」とか、

「まだ終わってないからそういうの今いらないよ!走ってるスミチェンコに集中!」と、ピシャリと止めて

スミチェンコ、エースライダーとして大いにがんばってるし、榛名もなんだかんだ彼の力も大きい

なんとか、楽しい最後のスティントに!

3位入賞か!? と、晴れ晴れしていた状況も一転 でも、「やれるだけやってきます」と頼もしい声

ペースは1秒台、1分フラット、59秒台! と、上げてきます

エースかっこいいじゃん!

 

なんて所で、実はまだTeam Bar Oliviero w/ Panolin まだ3位だと発覚!

4位のチームが60秒ルールで何度もひっかかり、転倒もあったようで、差が20周近くあったようで

おおお!!!!!!! 何ともすげー俺ら! ペース配分と、偶々ながらもばっちり決まった交代劇でそこまで差をつけていたとは!

スミチェンコ!ここはペースダウンだ! プッシュじゃない! 維持維持維持!!

と、突貫サインボードで「keep」を連発

なんとか、「まだ3位」と伝えたいけど 出来ない

ペースは落ちついたので、そのまま行ってくれ〜! あと3分!!!

 

で、

IMGP4530

(赤いのがスミチェンコ)

チェッカー!!!  4時間お疲れさま、そしてナイスファイト!

 

IMGP4543

勝利のランもして

 

IMGP4549やったぜ完走! 更に表彰台!!!!!

最後の最後のドラマも無事にやっつけて、3人のすばらしい走りで見事に3位だよ3位!

Team Bar Oliviero w/ Panolin

初の表彰台!!!

IMGP4565

 (ゼッケン33、その後でどうやら39番タゴス&カネバンを抜いて優勝!)

 

SS125クラス、アプリリアとヤマハがいつもは独占するのですが、KTMで見事に!

ここらへんもスミチェンコのお陰です

IMGP45594時間をノートラブルで走りきったKTM DUKE 雨だったのも案外このマシンに有利に働いた

 

IMGP4568IMGP4569

ほんと、予想しないタイミングでドラマは起きる 折ってしまったシフトレバーとジェシー

(レース後の写真なのでおちゃらけてますが、転倒後は相当落ち込んでました)

IMGP4588

 

楯もしっかり貰って、大活躍した3人です! ありがとう!!!

 

IMGP4594

 

賞品もいっぱい貰いました! Bar Olivieroからも協賛でGuarana Antarctica を出しました

と、昨年は選手として、今年は監督として参戦した榛名の耐久レース

心から緊張して、盛り上がって、感動して、楽しめるレースです

夢物語だったかのような1日でした 楽しかった!!!!!!

Comments are closed.


Web!ke CAFE is amenity service provided by Hakone Turnpike Limited.  •  Entries (RSS)